RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Arts Blog (Arts&Books 美術鑑賞)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の観覧会など
「カポディモンテ美術館展」&「シャガール」展観覧会
0
    今回の観覧会は上野×2。
    9月23日(木・祝)に、国立西洋美術館へ「カポディモンテ美術館展―ルネサンスからバロックまで」を、
    東京藝術大学大学美術館へ「シャガール―ロシア・アヴァンギャルドとの出会い」展を見にいきましょう。
    △らの参加も、もちろん歓迎。

    【 日にち 】 9月23日(木・祝)
    【 集 合 】 ,らは11:15に、△らは14:30に、JR上野駅公園口改札前
    【 流 れ 】 集合→ヾ嫋泛昼食→鑑賞→歓談→解散(18:30〜19:00)
    【 費 用 】 チケット代、昼食代、喫茶・飲食代(安めに)
    【 定 員 】 20名まで(初参加の新人さんは5名前後まで)

    .ポディモンテ美術館は、ナポリを見下ろす丘の上に建つ、イタリア有数の宮廷美術館。
    ファルネーゼ家とブルボン家のコレクションを中心に、イタリアのルネサンス〜バロックの絵画を紹介(約80点)。

    ▲轡礇ール展は、ポンピドー・センターが誇る代表作でシャガールの生涯をたどりながら、シャガールを祖国ロシアの美術史に位置づけようという試み。
    カンディンスキー、マレーヴィチ、ゴンチャローワなど、ロシア前衛芸術の巨匠たちの作品も紹介(約110点)。

    鑑賞後は、喫茶店か飲食店で、展覧会の感想やその他についておしゃべりしましょう。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    1〜2年生・3年生以上・他大生・大学院生・社会人など、どなたでもどうぞ。

    ※ 参加者の増加に伴うお願い(2010年9月〜)
    ● 初参加〜2回目の方は、喫茶店・飲食店での歓談まで参加するか、アートスタディから参加してください。
      美術館での鑑賞時は各自で自由に行動して、歓談時などにコミュニケーションをはかりましょう。
    ● 3回目〜レギュラーの方も、鑑賞のみに参加して歓談の前に抜ける場合、事前に連絡ください。
      事前に人数をおおまかに把握して、場合によっては歓談のお店を確保するなどします。

    以下、展覧会の概要。まずはカポディモンテ美術館展artscapeより)。
    ナポリの丘の上に建つその名もカポディモンテ美術館(カポディモンテとは「山の上」の意)は、イタリアを代表する美術館のひとつとしてその名を知られています。所蔵品の核となっているのは、16世紀にファルネーゼ家が収集した作品です。当時権勢をふるったファルネーゼ家は、一級の美術品を収集することで家名を高めました。本展の前半は彼らが収集したルネサンスからバロックまでの作品を紹介します。後半は、17世紀のナポリ絵画を紹介します。当時ナポリはバロック美術の中心地のひとつとして、多くの優れた画家たちを輩出しました。これらはナポリを統治したブルボン家が収集したものでした。/展示されるのは約80点の絵画・彫刻・工芸・素描です。かつての大貴族の栄華を物語る名品の数々をご鑑賞ください。
    つづいてシャガール展artscapeより)。
    鮮やかな色彩と幻想的な作風で親しまれるシャガール(1887〜1985)。20世紀初頭に始まるロシア・アヴァンギャルド運動と密接な関係があったことをご存じでしょうか?フランスで活躍したイメージの強い作家ですが、実は旧ロシア帝国のヴィテブスク(現ベラルーシ共和国)の生まれ。ロシアの前衛的芸術とは切っても切り離せないつながりを持ち続けてきました。本展は、「シャガールのシャガール」ともいえる充実したコレクションを誇るポンピドー・センターからシャガールの作品約70点を選りすぐり、シャガールの人生を追うとともに、同時代に活躍したロシア前衛芸術の巨匠たちの作品約40点と対比して紹介するものです。
    | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「マン・レイ展」観覧会
    0
      次回の観覧会は8月22日(日)に実施し、国立新美術館へ、
      「マン・レイ展―知られざる創作の秘密」を見にいきましょう。

      【 日にち 】 8月22日(日)
      【 集 合 】 15:15に国立新美術館の建物正面入口(最寄りは乃木坂駅)
      【 流 れ 】 (AS →) 集合 → 観覧 → 夕食
      【 費 用 】 チケット代(一般1,500円/学生1,200円)、夕食代(安めに)

      ダダにもシュルレアリスムにも深く関わったマン・レイの大回顧展。
      2007年からヨーロッパを巡回している展覧会が日本にもやってきました。
      写真、絵画、彫刻、オブジェ、デッサンなど多岐に渡る作品が約400点。

      観覧会の後には、ファミレス的なところか安めのお店でおしゃべり。

      観覧会の前には、アートスタディ「ダダ/シュルレアリスム」を実施しましょう。
      観覧会のみ、アートスタディのみの参加も歓迎です。

      参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
      1〜2年生・3年生以上・他大生・大学院生・社会人など、どなたでもどうぞ。

      以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
      幅広い芸術活動でその名を世界中に知られるマン・レイ(1890〜1976)。/マン・レイの遺族が設立、全作品の著作権を所有するマン・レイ財団所蔵の写真、絵画、彫刻、デッサンおよびマン・レイ自身の所持品を一堂に集めて、2007年から欧州を巡回している展覧会が、この度初めて日本で紹介されることになりました。/「写真家」としてのイメージが強いマン・レイですが、今回は写真はもとより絵画、オブジェなど多岐に渡る分野で活躍した「アーティスト」、そして新しい技法やスタイルを編み出した「モダンアートの先駆者」としてのマン・レイに光を当て、その知られざる足跡を発見する旅へと皆様をご案内いたします。
      | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「オルセー美術館展2010」観覧会
      0
        次回の観覧会は7月18日(日)に実施し、国立新美術館へ、
        「オルセー美術館展2010―ポスト印象派」を見にいきましょう。

        【 日にち 】 7月18日(日)
        【 集 合 】 15:30に国立新美術館の建物正面入口(最寄りは乃木坂駅)
        【 流 れ 】 (AS →) 集合 → 観覧 → 夕食
        【 費 用 】 チケット代(一般1,500円/学生1,200円)、夕食代(安めに)

        オルセー美術館は、印象派以降の絵画ではフランス随一の美術館。
        オルセー美術館展2010は、そこの改修工事のおかげで実現した、空前絶後の世界巡回展。
        ポスト印象派を中心に、モネ〜ルソーの有名どころはだいたい全員カバーの115点。

        観覧会の後には、ファミレス的なところか安めのお店でおしゃべり。
        7月は学生がテストなどで忙しいため、早めに解散しましょう。

        観覧会の前には、希望者でアートスタディ「ポスト印象派」を実施しましょう。
        観覧会のみ、アートスタディのみの参加も歓迎です。

        参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
        1〜2年生・3年生以上・他大生・大学院生・社会人など、どなたでもどうぞ。
        今回はすでに新人さんが多数参加予定のため、はじめての方については7月16日(金)で参加募集を締め切ります。Arts&Booksの活動に一度でも参加したことのある方については、いつもどおり飛び入りの参加も歓迎です。

        以下、展覧会の概要(美術館サイトより)。
        19世紀末のフランス。印象派がもたらした絵画の刷新を受け、その豊かな才能を開花させた一連の画家たちがいました。セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、スーラは、1880年代後半から90年代にかけて、それぞれの表現を追及し独創的な成果を上げました。いわゆる「ポスト印象派」の登場です。/本展覧会は、このポスト印象派の時代に着目した展覧会です。これまでポスト印象派は、印象派へのアンチ・テーゼであり、20世紀の前衛絵画の登場を促す動向と見なされてきました。しかしこの時代の絵画は、一言で括るには、あまりに多様で豊饒です。世紀末パリという文化的宝庫から流れ出たいくつもの豊かな水脈は、互いに交差し、時代全体を動かしていたと言えるでしょう。/本展は印象派を起点にして、19世紀終わりから20世紀初めにかけての絵画の諸相を一堂にご紹介するものです。
        | 観覧会 | 00:00 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
        観覧会SIDE-B
        0
          次回の観覧会は6月19日(土)に実施し、六本木〜銀座で開催中のB面的な展覧会を複数めぐりましょう。
          次回めぐるのは、 屮椒好肇麋術館展」◆屮襦璽掘次Ε蝓偲検「音の出る展覧会」の3つ。
          どこから参加してもOK。

          【 日にち 】 6月19日(土)
          【 ―弦 】 13:45に六本木ヒルズの森ビル正面(最寄りは六本木駅)
          【 ⊇弦 】 16:00に国立新美術館の建物正面入口(最寄りは乃木坂駅)
          【 集合 】 18:30に銀座駅のA9出口
          【 流 れ 】 集合 → 観覧 → 移動 → 観覧 → 休憩・移動 → 観覧 → 20:00には夕食
          【 費 用 】 チケット代(各公式サイトで確認を)、夕食代(安めに)

          今年は美術展が大豊作。
          そこで、6月は観覧会を2度実施しましょう。

           屮椒好肇麋術館展」(森アーツセンター)は、「美術史の教科書」的な展覧会。
          ベラスケス、レンブラント、コロー、ミレー、マネ、モネ、ドガ、セザンヌ、ルノワール、ゴッホ、ピカソ、マティスなど、名画80点。

          ◆屮襦璽掘次Ε蝓偲検(国立新美術館)は、20世紀を代表する英国陶芸家の大回顧展。
          「シンプルで高潔、大胆で優雅なフォルムの器たち」が約250点。今回のメイン。

          「音の出る展覧会」(ポーラ ミュージアム アネックス)は、絵画と楽器のコラボ。
          デュフィ、マティス、カンディンスキーの音楽的作品と、ヴァイオリンの3大名器+ハープとが響きあう。入場無料。

          ,鉢△脇渦饐譴燃催中のメジャーな美術展の裏番組的な位置づけ。は中小規模のマイナーな美術展。
          なお、7月は中旬に「オルセー美術館展2010」観覧会&アートスタディ「ポスト印象派」を実施予定。

          参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
          1年生・2年生以上・他大生・大学院生・社会人など、どなたでもどうぞ。
          | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「ポンペイ展」観覧会
          0
            次回の観覧会は6月6日(日)に実施し、横浜美術館へ、
            「ポンペイ展―世界遺産 古代ローマ文明の奇跡」を見にいきましょう。

            【 日にち 】 6月6日(日)
            【 集 合 】 14:15にJR渋谷駅南口改札前か15:10にJR桜木町駅改札前
            【 流 れ 】 集合 → 移動 観覧 → 喫茶 or 夕食
            【 費 用 】 チケット代(一般1,500円/学生1,000円)、喫茶・夕食代(安めに)

            西暦79年のヴェスヴィオ山の大噴火で、一昼夜にして火山灰の下に埋没したポンペイの街。
            古代ローマの生活の様子をまざまざと伝える「奇跡の街」からの出土品約250点を紹介。
            ナポリ国立考古学博物館が全面的に協力。

            観覧会の後には、喫茶店かファミレス的なところでおしゃべり。

            観覧会の前には、希望者でアート・スタディ「ローマ美術」を実施しましょう。
            観覧会のみ、アート・スタディのみの参加も歓迎です。

            参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
            新入生・2年生以上・他大生・大学院生・社会人など、どなたでもどうぞ。

            以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
            2000年前の人々の鼓動を今に伝える、「ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡」 を開催いたします。〔……〕本展覧会では、ナポリ国立考古学博物館の全面的な協力のもと、ポンペイからの出土品を中心に、日本初公開を含む壁画、彫刻、工芸品、日用品など約250点を紹介します。家々を飾った色鮮やかなフレスコ画をはじめとして、イタリア国外へは初出品となる約60点の銀食器群、ポンペイの郊外にある別荘から出土した浴槽および給湯システム、その床面を飾っていたモザイク画の展示は、本展 の見どころのひとつ です。豪華な宝飾品、 凝った意匠の家具や調度 などからは、当時の富裕者たちの生活水準の高さがうかがえ、生きることを楽しむ古代ローマ人の姿が浮かび上がります。
            | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            三菱一号館美術館「マネとモダン・パリ」展観覧会
            0
              次回の観覧会は5月9日(日)に実施し、新オープンの三菱一号館美術館(丸の内)へ、
              「マネとモダン・パリ」展を見にいきましょう。今年度の必見の展覧会のひとつ。

              【 日にち 】 5月9日(日)
              【 集 合 】 14:30にJR有楽町駅の国際フォーラム口改札前
              【 流 れ 】 集合 → 観覧 → 喫茶 → 夕食 or 解散
              【 費 用 】 チケット代(一般1,500円/学生1,000円)、喫茶代

              オルセー美術館などの協力で実現した、世界的にも稀なマネの大回顧展。
              代表的な作品約80点を編年的にたどりながら、同時代の作家の作品約80点もあわせて展示。
              19世紀後半のパリの都市文化と芸術という、マネの制作の背景も紹介。

              今回は4月6日に開館した美術館の建築も見どころ。
              鹿鳴館で知られる英国人建築家J・コンドルが19世紀末に設計の「三菱一号館」を復元。

              観覧会後には、喫茶店でおしゃべり(参加多数の場合は個室を借ります)。
              新歓期ですので、そのときに簡単なサークル紹介もする予定です。

              参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
              新入生・2年生以上・他大生・大学院生・社会人など、どなたでもどうぞ。

              以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
              エドゥアール・マネ(1832−1883)は、後に「印象派」となる画家たちだけでなく、後世の芸術家たちに決定的な影響を与えた、近代絵画史上最も重要な画家のひとりです。日本でもよく知られ、深く愛されている画家ですが、その作品を国内で見る機会は非常に限られています。/今年4月に東京・丸の内にオープンする三菱一号館美術館の開館記念展となる本展は、マネの芸術の全貌を、当時のパリが都市として変貌していく様子と結びつけながら、代表的作品により展覧しようとするもので、マネの油彩、素描、版画80点余が出品されます。また、同時代の作家たちの油彩、建築素描、彫刻、写真など約80点もあわせて展示し、マネが生きたパリの芸術的な背景も紹介します。日本でマネの作品をまとまった形で見ることができる貴重な機会です。どうぞ、ご期待ください。
              | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              「アートフェア東京2010」観覧会
              0
                次回の観覧会は4月4日(日)に実施し、有楽町の国際フォーラムへ、
                「アートフェア東京2010」を見にいきましょう。

                【 日にち 】 4月4日(日)
                【 集 合 】 13:30にJR有楽町駅の国際フォーラム口改札前
                【 流 れ 】 集合 → 観覧 → 喫茶 → 夕食 or 解散
                【 費 用 】 チケット代(1,500円)、喫茶代

                ギャラリーめぐりも兼ねて、今年もアートフェア東京を観覧しましょう。
                アートフェア東京は、国内外の一流ギャラリーが100軒以上集まり、来場者が4万人を超える日本最大のアートフェア。
                古美術・工芸品、日本画、近代絵画・彫刻、現代美術、写真、版画、ビデオアートなど、約3,000点を展示・販売。
                ブースによってはギャラリーの方やアーティストとお話しすることもできます。

                観覧会後には、アート・スタディのかたちはとりませんが、お茶を飲みながらギャラリーや現代アートについてもお話ししましょう。
                興味と余裕のある人は、山本冬彦『週末はギャラリーめぐり』(ちくま新書・約200頁)を読んできてみてください。

                参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
                新入生・2年生以上・他大生・大学院生・社会人など、どなたでもどうぞ。

                以下、アートフェアの概要(公式サイトより)。
                21世紀になり、アートの見本市であるアートフェアが世界各地で開かれている状況をみて、アートファンや美術関係者・コレクターから日本での本格的なアートフェアの開催が望まれていました。そんな中、2005年の夏にジャンルを超えた多くのギャラリーが集り、有楽町の東京国際フォーラムにて「アートフェア東京」がスタートしました。日本のアートマーケットに適応した、古美術・工芸、日本画・近代洋画から現代アートまでの美術品が一堂に会する独自のスタイルが、本物のクオリティーを求める多くの人に受け入れられ、2007年からは「アートを観るからアートを買うへ」をコンセプトに、時期を4月に移し毎年開催されています。/現在、アートフェア東京は、国内外の選りすぐりの一流ギャラリーが100軒以上集まり、期間中の来場者が4万人を超える日本最大のアートフェアとして多くの方に広く認知されております。
                | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「長谷川等伯」展観覧会
                0
                  次回の観覧会は3月14日(日)に実施し、上野の東京国立博物館で、
                  「長谷川等伯―没後400年特別展」を鑑賞しましょう。
                  また、観覧会後には、希望者で映画「パレード」鑑賞会も実施しましょう。
                  観覧会のみ映画鑑賞会のみの参加ももちろん歓迎。

                  【 日にち 】 3月14日(日)
                  【 集合1 】 観覧会からは14:30にJR上野駅公園口改札前
                  【 集合2 】 映画鑑賞会からは18:20にJR池袋駅メトロポリタン口改札前
                  【 流 れ 】 集合 → 展覧会 → 喫茶 → 移動 → 映画鑑賞会 → 夕食 or 解散
                  【 費 用 】 展覧会チケット代、喫茶代、映画チケット代

                  「長谷川等伯」展は、没後400年の空前絶後の大回顧展。
                  《松林図屏風》や《楓図》をはじめ、国内の等伯作品をほぼ全部公開。
                  国宝3件、重要文化財約30件を含む、約80件の名品を一堂に紹介。

                  映画「パレード」は、都内のマンションをシェアして暮らす男女4人の物語。
                  吉田修一原作、行定勲監督、藤原竜也ほか主演。「歪みはじめる、僕らの日常」。
                  シネ・リーブル池袋で18:55〜21:00に上映の回を鑑賞しましょう。

                  4〜5月はとても大勢の新人さんが参加してくれます。
                  Arts&Booksに興味はあるけれども参加したことはない方は、
                  3月から参加してくださると、丁寧に対応できるかと思います。
                  来年度から大学生の方も、来年度から社会人の方もぜひ。

                  参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
                  1年生・2年生以上・他大生・院生・社会人など、どなたでもどうぞ。

                  以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
                  水墨画の最高峰 「松林図屏風」(国宝 東京国立博物館蔵)、金碧障壁画の至宝「楓図(かえでず) 」(国宝 京都・智積院蔵)を描き、あの狩野永徳をも脅かした桃山絵画の巨匠、長谷川等伯(1539〜1610)。能登七尾(石川県)に生を受けた等伯は、はじめ「信春(のぶはる)」と名乗り主に仏画を描きました。30代で上洛すると画題を肖像画、花鳥画 などにも拡げています。豊臣秀吉や、千利休らに重用され、一躍時代の寵児となりました。時に精緻に、時に豪放に描きわけられた作品群は、今もなお我々を魅了し続けます。/2010年は、等伯没後400年の節目の年です。この記念すべき年に、国内に存在するほぼすべての等伯の作品を、一挙に公開する史上最大規模の大回顧展を開催します。空前絶後とも言えるこの機会に、長谷川等伯の全貌をぜひご堪能ください。
                  | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  「ルノワール」展観覧会
                  0
                    次回の観覧会は2月28日(日)に実施し、六本木・乃木坂の国立新美術館で、
                    「ルノワール―伝統と革新」を鑑賞しましょう。2010年必見の展覧会のひとつ。

                    【 日にち 】 2月28日(日)
                    【 集 合 】 15:30に国立新美術館(六本木・乃木坂)の建物正面入口内
                    【 流 れ 】 集合 → 展覧会(〜17:30頃) → 移動 → 喫茶 or 夕食(〜19:30頃)
                    【 費 用 】 チケット代(学生1,200円/一般1,500円)、喫茶代 or 夕食代

                    代表作を多数含む約80点が、ポーラ美術館を中心に世界各所から集まります。
                    全4章「ルノワールへの旅」「身体表現」「花と装飾画」「ファッションとロココの伝統」で構成され、様々な視点からルノワールの魅力を紹介。

                    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
                    1年生・2年生以上・他大生・院生・社会人など、どなたでも歓迎します。

                    なお、観覧会の前には、希望者でアート・スタディ「印象派」を実施しましょう。
                    観覧会のみ、アート・スタディのみの参加も歓迎です。

                    以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
                    フランスの小説家オクターヴ・ミルボーは、1913年に刊行されたルノワールの画集の序文で、「ルノワールの人生と作品は幸福というものを教えてくれる」と書いています。/この言葉は「幸福の画家」という称号をながくルノワールに与え、彼は女性と裸婦の芸術家として親しまれてきました。しかし、ルノワールはその初期から装飾芸術に強い関心を示し、各地を旅して風景画も多く制作しています。/そこで『ルノワール - 伝統と革新』展では、ルノワール芸術の魅力を4つの章(ルノワールへの旅、身体表現、花と装飾画、ファッションとロココの伝統)にわけ、印象派という前衛から出発したルノワールが、肖像画家としての成功に甘んじることなく、絵画の伝統と近代主義の革新の間で、絶えず模索をつづけた姿をご覧いただきます。
                    | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    「ボルゲーゼ美術館展」観覧会
                    0
                      次回の観覧会は1月24日(日)に実施し、上野の東京都美術館で、
                      「ボルゲーゼ美術館展」を鑑賞しましょう。

                      【 日にち 】 1月24日(日)
                      【 集 合 】 14:15にJR上野駅公園改札前
                      【 流 れ 】 集合→展覧会(〜16:00頃)→移動→喫茶店等(〜18:00頃)
                      【 費 用 】 チケット代(学生1,200円/一般1,400円)、喫茶代

                      ルネサンス〜バロック美術の宝庫であるイタリアのボルゲーゼ美術館より。
                      ラファエロ、ボッティチェリ、カラヴァッジョ、ベルニーニなど、約50点。
                      多数の日本初公開を含む厳選の名品で、イタリア美術の最盛期を概観。

                      今回は、喫茶店等での歓談を含め、18:00までには解散の予定。
                      学生がテストやレポートに忙しい時期のため。

                      参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
                      1年生・2年生以上・他大生・院生・社会人など、どなたでも歓迎します。

                      なお、観覧会の前には、希望者で美術研究会「ルネサンス」を実施しましょう。
                      観覧会のみ、美術研のみの参加も歓迎です。

                      以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
                      イタリア・ローマ市北東部の広大なボルゲーゼ公園に位置する同美術館は、名門貴族であったボルゲーゼ家歴代のコレクションで知られており、世界に名だたるルネサンス・バロック美術の宝庫といわれています。〔……〕今回はボルゲーゼ美術館のコレクションを日本でまとめてご紹介する初めての試みであり、15世紀から17世紀まで、歴史の推移に沿って作品を見ていただくことで、“輝ける時代”に展開した「表現の変遷」をわかりやすく理解できる構成を採る予定です。/およそ250年に渡るイタリア美術の流れを、ラファエロの《一角獣を抱く貴婦人》をハイライトに、カラヴァッジョという「異端者」とその追随者(カラヴァジェスキ)たちが登場する終盤まで、約50点の名品によってご堪能ください。
                      | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |