RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Arts Blog (Arts&Books 美術鑑賞)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の観覧会など
<< 「フェルメール展」観覧会 | main | 「巨匠ピカソ」観覧会 >>
「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」観覧会
0
    10月の観覧会は10月26日(日)に実施し、
    「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」(Bunkamura・渋谷)を見にいきましょう。

    【集 合】 14:30に渋谷駅ハチ公前
    【流 れ】 集合 → 観覧 → 美術研(希望者) or 解散
    【費 用】 チケット 学生900円/一般1,300円(100円割引)

    19世紀のヴィクトリア朝イギリスを代表する画家ミレイの本格的な回顧展。
    彼の最高傑作にしてヴィクトリア朝の最高傑作のひとつ《オフィーリア》も展示。
    油彩約50点と素描などで合計約80点。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    一年生・二年生以上・他大生・院生・社会人など、どなたでも歓迎します。

    なお、観覧会の後には、希望者で美術研究会第1期第3回(美・芸術・感性とは)を実施。
    美術研のみ、観覧会のみの参加も歓迎です。

    以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
    ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829〜1896年)は、11歳という史上最年少でロイヤル・アカデミーへの入学を許可されますが、美術学校の授業や古い慣習に不満を抱き、1848年にダンテ・ガブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハントらと「ラファエル前派兄弟団」を結成、革新的芸術運動の中心的役割を担いました。本展は、代表作《オフィーリア》、《両親の家のキリスト》など、テート・ブリテンをはじめ、英国内外の主要コレクションからの油彩、素描などにより構成し、10代から晩年までの広い範囲の作品により作家の全容を紹介する、日本で初めての本格的な回顧展です。
    | 観覧会 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://a.artsbooks.jp/trackback/1022116