RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Arts Blog (Arts&Books 美術鑑賞)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の観覧会など
<< 「フランス絵画の19世紀」観覧会 | main | 「ベルギー近代絵画のあゆみ」&「ベルギー幻想美術館」観覧会 >>
「ゴーギャン展」観覧会
0
    次回の観覧会は9月13日(日)に実施し、竹橋の東京国立近代美術館で、
    「ゴーギャン展」を鑑賞しましょう。

    【 日にち 】 9月13日(日)
    【 集 合 】 14:00に美術館前(東西線竹橋駅1b出口より徒歩3分)
    【 流 れ 】 集合 → 観覧 → 美術研 or 解散
    【 費 用 】 チケット:学生900円/一般1,400円(100円割引)

    日本初公開の傑作《我々はどこから来たのか〜》を中心に、油彩・版画・彫刻が約50点。
    ゴーギャンの画期的な芸術の展開を、代表的な作品を通して把握できます。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    1年生・2年生以上・他大生・院生・社会人など、どなたでも歓迎します。

    なお、観覧会の後には、希望者で美術研究会を実施。
    観覧会のみ、美術研のみの参加も歓迎です。

    以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
    19世紀末の爛熟した西欧文明に背を向け、南海の孤島タヒチにひとり向かった画家ポール・ゴーギャン(1848-1903)。その波乱に満ちた生涯は、芸術に身を捧げた孤独な放浪の画家の典型といえるでしょう。自らの内なる「野性」に目覚めたゴーギャンは、その特異な想像力の芽を育む「楽園」を求めて、ケルト文化の伝統を色濃く残すブルターニュ、熱帯の自然が輝くマルチニーク島、ゴッホとの伝説的な共同制作の舞台となった南仏アルル、そして二度のタヒチ行きと、終わりの無い旅を繰り返しました。その過程で、自ずと人間の生と死文明と野蛮といった根源的な主題に行き着きます。このような人間存在に関する深い感情や思索を造形的な言語を通して表現すること、これがゴーギャンの絵画の課題だったのです。
    | 観覧会 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2010/09/09 11:19 AM |










    http://a.artsbooks.jp/trackback/1276687