RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Arts Blog (Arts&Books 美術鑑賞)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の観覧会など
<< 「医学と芸術展」観覧会 | main | 「ルノワール」展観覧会 >>
「ボルゲーゼ美術館展」観覧会
0
    次回の観覧会は1月24日(日)に実施し、上野の東京都美術館で、
    「ボルゲーゼ美術館展」を鑑賞しましょう。

    【 日にち 】 1月24日(日)
    【 集 合 】 14:15にJR上野駅公園改札前
    【 流 れ 】 集合→展覧会(〜16:00頃)→移動→喫茶店等(〜18:00頃)
    【 費 用 】 チケット代(学生1,200円/一般1,400円)、喫茶代

    ルネサンス〜バロック美術の宝庫であるイタリアのボルゲーゼ美術館より。
    ラファエロ、ボッティチェリ、カラヴァッジョ、ベルニーニなど、約50点。
    多数の日本初公開を含む厳選の名品で、イタリア美術の最盛期を概観。

    今回は、喫茶店等での歓談を含め、18:00までには解散の予定。
    学生がテストやレポートに忙しい時期のため。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    1年生・2年生以上・他大生・院生・社会人など、どなたでも歓迎します。

    なお、観覧会の前には、希望者で美術研究会「ルネサンス」を実施しましょう。
    観覧会のみ、美術研のみの参加も歓迎です。

    以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
    イタリア・ローマ市北東部の広大なボルゲーゼ公園に位置する同美術館は、名門貴族であったボルゲーゼ家歴代のコレクションで知られており、世界に名だたるルネサンス・バロック美術の宝庫といわれています。〔……〕今回はボルゲーゼ美術館のコレクションを日本でまとめてご紹介する初めての試みであり、15世紀から17世紀まで、歴史の推移に沿って作品を見ていただくことで、“輝ける時代”に展開した「表現の変遷」をわかりやすく理解できる構成を採る予定です。/およそ250年に渡るイタリア美術の流れを、ラファエロの《一角獣を抱く貴婦人》をハイライトに、カラヴァッジョという「異端者」とその追随者(カラヴァジェスキ)たちが登場する終盤まで、約50点の名品によってご堪能ください。
    | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://a.artsbooks.jp/trackback/1328881