RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Arts Blog (Arts&Books 美術鑑賞)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の観覧会など
<< 「ボルゲーゼ美術館展」観覧会 | main | 「長谷川等伯」展観覧会 >>
「ルノワール」展観覧会
0
    次回の観覧会は2月28日(日)に実施し、六本木・乃木坂の国立新美術館で、
    「ルノワール―伝統と革新」を鑑賞しましょう。2010年必見の展覧会のひとつ。

    【 日にち 】 2月28日(日)
    【 集 合 】 15:30に国立新美術館(六本木・乃木坂)の建物正面入口内
    【 流 れ 】 集合 → 展覧会(〜17:30頃) → 移動 → 喫茶 or 夕食(〜19:30頃)
    【 費 用 】 チケット代(学生1,200円/一般1,500円)、喫茶代 or 夕食代

    代表作を多数含む約80点が、ポーラ美術館を中心に世界各所から集まります。
    全4章「ルノワールへの旅」「身体表現」「花と装飾画」「ファッションとロココの伝統」で構成され、様々な視点からルノワールの魅力を紹介。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    1年生・2年生以上・他大生・院生・社会人など、どなたでも歓迎します。

    なお、観覧会の前には、希望者でアート・スタディ「印象派」を実施しましょう。
    観覧会のみ、アート・スタディのみの参加も歓迎です。

    以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
    フランスの小説家オクターヴ・ミルボーは、1913年に刊行されたルノワールの画集の序文で、「ルノワールの人生と作品は幸福というものを教えてくれる」と書いています。/この言葉は「幸福の画家」という称号をながくルノワールに与え、彼は女性と裸婦の芸術家として親しまれてきました。しかし、ルノワールはその初期から装飾芸術に強い関心を示し、各地を旅して風景画も多く制作しています。/そこで『ルノワール - 伝統と革新』展では、ルノワール芸術の魅力を4つの章(ルノワールへの旅、身体表現、花と装飾画、ファッションとロココの伝統)にわけ、印象派という前衛から出発したルノワールが、肖像画家としての成功に甘んじることなく、絵画の伝統と近代主義の革新の間で、絶えず模索をつづけた姿をご覧いただきます。
    | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://a.artsbooks.jp/trackback/1344221