RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Arts Blog (Arts&Books 美術鑑賞)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の観覧会など
<< 「オルセー美術館展2010」観覧会 | main | 「カポディモンテ美術館展」&「シャガール」展観覧会 >>
「マン・レイ展」観覧会
0
    次回の観覧会は8月22日(日)に実施し、国立新美術館へ、
    「マン・レイ展―知られざる創作の秘密」を見にいきましょう。

    【 日にち 】 8月22日(日)
    【 集 合 】 15:15に国立新美術館の建物正面入口(最寄りは乃木坂駅)
    【 流 れ 】 (AS →) 集合 → 観覧 → 夕食
    【 費 用 】 チケット代(一般1,500円/学生1,200円)、夕食代(安めに)

    ダダにもシュルレアリスムにも深く関わったマン・レイの大回顧展。
    2007年からヨーロッパを巡回している展覧会が日本にもやってきました。
    写真、絵画、彫刻、オブジェ、デッサンなど多岐に渡る作品が約400点。

    観覧会の後には、ファミレス的なところか安めのお店でおしゃべり。

    観覧会の前には、アートスタディ「ダダ/シュルレアリスム」を実施しましょう。
    観覧会のみ、アートスタディのみの参加も歓迎です。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    1〜2年生・3年生以上・他大生・大学院生・社会人など、どなたでもどうぞ。

    以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
    幅広い芸術活動でその名を世界中に知られるマン・レイ(1890〜1976)。/マン・レイの遺族が設立、全作品の著作権を所有するマン・レイ財団所蔵の写真、絵画、彫刻、デッサンおよびマン・レイ自身の所持品を一堂に集めて、2007年から欧州を巡回している展覧会が、この度初めて日本で紹介されることになりました。/「写真家」としてのイメージが強いマン・レイですが、今回は写真はもとより絵画、オブジェなど多岐に渡る分野で活躍した「アーティスト」、そして新しい技法やスタイルを編み出した「モダンアートの先駆者」としてのマン・レイに光を当て、その知られざる足跡を発見する旅へと皆様をご案内いたします。
    | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://a.artsbooks.jp/trackback/1394563