RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Arts Blog (Arts&Books 美術鑑賞)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の観覧会など
<< 2006年度の活動記録 | main | 「日本を祝う」展観覧会 >>
新歓企画!「大回顧展モネ」観覧会
0
    4月の観覧会では、新歓企画として、4月22日(日)「大回顧展モネ」(国立新美術館・六本木)を見にいきましょう。

    【集合】 11:30に高田馬場駅BIGBOX前(交番付近)
    【流れ】 高田馬場にて昼食(サークル紹介) → 移動 → 観覧 → 歓談 → 解散
    【費用】 チケット学生1200円/一般1500円 + 昼食〜800円 + 交通費320円 (+ 喫茶店代)

    「モネ、世界の美術館から集結」。2007年最注目の展覧会のひとつです。
    新入生・二年生以上・他大生・院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。
    参加=入会ということではありませんので、お気軽にどうぞ。
    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    なお、新歓企画の観覧会の参加者数(既メンバー含む)は、昨年度が24名(「プラド美術館展」)、一昨年度が各12名程度(「ルーヴル美術館展」、「ゴッホ展」)。

    以下、展覧会の概要(公式サイトより)です。
     クロード・モネ(1840−1926)は、我が国においてもっとも人気の高い画家の一人です。その人気から各美術館の看板作品となっていることが多く、アンケートなどでも「ぜひ見たい」展覧会としてモネ展は筆頭にあげられます。
     本展は2007年1月に東京・六本木にオープンする国立新美術館の開館を記念して企画されました。フランスのオルセー美術館が所蔵するモネの名作をはじめ、アメリカのメトロポリタン美術館、ボストン美術館など、国内外の主要なコレクションから100点近いモネの作品が一堂に会する世界的にも稀にみる大規模なモネ展となります。さらに、モネの影響を受けた現代作家たちの作品を、モネの“後継者”として約20点展示します。質、量ともに最大級を誇る、「大回顧展 モネ」。ぜひご来場ください。
    | 観覧会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://a.artsbooks.jp/trackback/514624