RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Arts Blog (Arts&Books 美術鑑賞)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の観覧会など
<< 「フェルメール」展観覧会 | main | 年越し東京散歩 >>
「フィラデルフィア美術館展」観覧会
0
    12月の観覧会は12月16日(日)に実施し、「フィラデルフィア美術館展」(東京都美術館・上野)を見にいきましょう。

    【集合】 14:00にJR上野駅公園口改札前
    【流れ】 観覧 → 歓談 → 忘年会(自由参加、観覧会のみの参加も可)
    【費用】 チケット 学生1200円/一般1500円(ムンク展の半券で100円引)

    11月の観覧会は1点のフェルメールに集中する感じでしたが、12月の観覧会は近代美術史を多数の重要作品で総覧する密度の高いものになりそうです。「まるで美術史の教科書さながらに近代西洋絵画をまとめてわかりやすく理解できる格好の展覧会」(監修者)。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。はじめてでも気軽にどうぞ。
    一年生・二年生以上・他大生・院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。

    なお、「フィラデルフィア美術館展」観覧会の後には、18:00頃から忘年会を実施します。
    こちらも参加どうぞ。詳細は掲示板で。

    以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
    本展では、19世紀のコロー、クールベにはじまり、印象派を代表するモネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌを経て、20世紀のピカソ、カンディンスキー、マティス、デュシャン、シャガール、ミロ、マグリットにいたるヨーロッパ絵画の巨匠たち、さらにホーマー、オキーフ、ワイエスなどのアメリカ人画家を加えた47作家の選りすぐりの名作77点を一堂に展示、最も多彩でダイナミックな展開をみせた19世紀後半から、20世紀の西洋美術史の流れをたどります。
    | 観覧会 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    一年間お疲れさまでした(´w`*)
    誕生日おめでとうございます(ました)☆

    フィラデルフィアは混んでたし、
    待ちましたがw
    知ってる絵もけっこうあり、考える人の
    像を見入ったりで有意義だったと思います。
    六本木は最先端芸術で、アーツの人々は時をかける少年少女
    ですねwまた感想聞かせてください。では!

    | AT | 2007/12/25 12:19 PM |

    お祝いのお言葉、どうもです。1年間おつかれさまでした。
    年が明けるとATさんたちは就活が本格化しますね。おつかれさまです。

    今回の展覧会はよかったですね。ひさびさに図録を買ってしまいました。
    作品数はそれほどではなかったけれど、
    見入ってしまうものが多いしキャプションが充実しているしで、
    ゆっくり見ようと思えばいくらでもゆっくりできる感じでした。
    そんなこんなでどうもお待たせしました。

    ではまた来年。
    | igarashi | 2007/12/27 11:50 AM |










    http://a.artsbooks.jp/trackback/755981