RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Arts Blog (Arts&Books 美術鑑賞)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の観覧会など
<< 「マティスとボナール」展&あじさい寺 観覧会 | main | 「巨匠たちの日本美術」&「コロー」観覧会 >>
「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」観覧会
0
    7月の観覧会は7月6日(日)に実施し、
    「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」(森美術館・六本木ヒルズ)を見にいきましょう。

    【集合】 17:00に六本木ヒルズの森タワー正面入口付近
    【流れ】 集合 → 観覧 → 歓談・夕食・解散
    【費用】 チケット 学生1,000円/一般1,500円(52階の展望台にも入場可)

    イギリス現代美術界で芥川賞的な位置を占めるターナー賞。
    その歴代受賞者すべての作品を一堂に集める史上初の試み。
    絵画・彫刻・写真・映像・インスタレーションなど、約70点。

    二本立ての企画が続いていたり、学生のみなさんはテストなどが始まりかける時期
    だったりしますので、今回は夕方にさらっと実施するかたちをとりたいと思います。
    解散時間は、夕食ありなら20:30頃、夕食なしなら19:00頃。
    久々のかた、はじめて〜2回目のかたも気軽に参加どうぞ。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    新入生・二年生以上・他大生・院生・社会人など、どなたでも歓迎します。

    以下、展覧会の概要(公式サイトより)。
    「ターナー賞」を回顧することで、あなたはきっと、この最も権威ある賞が、最も斬新なアートに与えられてきたことにあらためて驚かれることでしょう。今や国際的な活躍を遂げる各アーティストの受賞当時の作品を中心に展覧会は構成されますが、ウィットに富み、ユーモアに溢れ、知的で、ポップで、衝撃的なそれらの作品群は、今見ても非常にクールで刺激的。現代美術の中心地から、世界へ投げかけられた大きな刺激を再発見することができます。
    | 観覧会 | 02:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://a.artsbooks.jp/trackback/938524